« 無題 | トップページ | いよいよ・・ですねえ。 »

涙がぽつり

まだ 小さな子供は純粋で、なんの汚れも疑いもなく澄んだ目をしています。

日曜の朝 洗濯ものをベランダから干すときに見る、はしゃぎまわる近所の小さな子供達。

トコトコ トコトコ 小さな身体で小さな頭で・・精一杯に身体を動かし考えています。(可愛いなあ)

うちのチビも もう身体は大きくなってきたのに まだまだ心は甘えん坊です。

家庭訪問 成績表でも・・性格について先生に言われる事はいつも同じ・・・

「感受性が豊かで 周りを和ませる暖かくやさしい子ですね。」

ウチでも学校でも同じ・・・ 和む、という事はいやされる。

これが 上の子になると ちょっと周りが変化していたり・・・

「優しいだけに (妬まれたりで)言葉の暴力を受けているのではないかと気がかりです。特に男の子は心にしまうので、その分気になります。」との事。

がんばれ!子供・・・

必要なときは ふりかえってごらん。あなたには いつも私がついています。

|

« 無題 | トップページ | いよいよ・・ですねえ。 »

コメント

こんにちは~
私のところもいじめ(?)に近いものがありました。お兄ちゃんは小学生の頃、前の座席の子が振り返って自分に悪戯ばかりするとかで、学校に行きたくないというのです。
その子に「うちの子が貴方に何か悪い事をしたのかな?」と、聞いたら、「何時も足を前に投げ出して困っている」と言う返事でした。その事を注意し何事も無く収まりました。弟の方は中学の時、何気なく「学校に虐めなんてある?」と、聞いたところ、自分が虐めに合っていると言う事でした。何時も苛められる子がいて、その子を助けたところ、自分も苛められるようになったと言うのです。どのように対処しているか聞いたところ、「無視している。」とのこと。子供にこのまま任せておきましたが、精神的に逞しくなりました。何が幸いするか分かりません。どちらも先生にお知らせはしませんでした。
親としては気がもめることではあります。

投稿: もみぢ | 2006年5月19日 (金) 15:25

>もみぢ様 

こんなに真剣にかいていただいているコメントの酔っぱらいのまま 返信していつ事をお許しください。

子供の成長を見守るなかで・・行為については子供の信号のだし方に注意しなければならないと思います。
だだ・・・言葉の暴力については なかなかはかりしれません。
言葉の暴力は・・云う人間にはたいした事でなくても受けた人には大変な衝撃で残ったりですね。それは大人になった今も自分は随分体験しています。・・・それに打ち勝つ力を作って行かなきゃ 生きてはいけず・・・とにかあく こども、が頼ってくるときは大きく受け止められる親であることが必要かと思っています。

投稿: Qり | 2006年5月19日 (金) 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙がぽつり:

« 無題 | トップページ | いよいよ・・ですねえ。 »